昭和小銭市に行ってきた


先月末の4月29日(土)に卸本町で開催された、貧民文化祭2017昭和小銭市(以下昭和小銭市)に行ってきました。
去年の末に鹿児島に帰って来てから、初めて骨董市に行けたんですよね。世田谷ボロ市にも行った骨董市好きとしては、久々の雰囲気にワクワクが止まりませんでしたよ!

開催日からは少し時間が経っていますが、その時の様子を簡単にまとめてみました。

 

我が家は自家用車を持っていないので、ネットで検索したバスに乗り込み、揺られること約40分。イベント開始時刻から30分ほど過ぎた頃に会場近くのバス停(卸本町中央)に無事到着したのですが、そこから見えた会場のニワ陶器店倉庫は既に多くの人で賑わっていました。

昭和小銭市の宣伝に『昭和レトロ大好きな方にはたまらない掘り出し物が見つかる楽しいイベント』という一文があります。そして骨董市には『掘り出し物は早い者勝ち』という掟もあるんですよね。

いやーみなさん、よくご存知で。

これは負けてはいられない!と、一目散に向かったのは会場奥の小道具エリア。

ここは倉庫の外に設置されたエリアなのですが、初夏の明るい日差しに照らされた個性豊かな小道具たちが眩しい。エリア入口に置かれたミニカーなどのおもちゃにはしゃぐ子供たちの声が、楽しげな雰囲気を一層盛り上げていました。

この日はテントが飛ばされかける程の強風が吹き荒れていて、多くの出店者さんが天幕を取って設営をしていたのですが、そんな風に揺れる赤いランドセルが可愛かった。このランドセルも、もちろん売り物です。


昭和レトロなアイテムって色使いが独特で可愛いいんですよね。パッと目に飛び込んでくる赤色がキュート!

散々迷った結果、一緒に行った主人は欲しがっていたレトロなグラス(¥200)を、私は持ち手が可愛い籠(¥800)を購入しました。現在どちらのアイテムも主人のお店(TUKUDDO)で活躍中です。

ホクホク顔でGETしたばっかりの籠を腕から下げて倉庫内に戻ると、美味しそうな食べ物たちが待っていました。

会場でお会いした知り合いの方に太鼓判を押されて、STAR☆SWEETSさんで練乳を練りこんだ白いパン(¥300)を、とんかつ盛よしさんでヒレカツサンド(¥350)を購入。どちらも美味しかった!


他にも掘り出し物はないかと会場を何周もぐるぐる回っていれば、さすがに疲れて来ます。そこで向かったのは倉庫入口にブースを構えていた珈琲笑店トクナガさん。ここで休憩がてらホットコーヒー(¥300)を頂きました。
強風で道具が何度か飛ばされつつも、その場で豆を挽いて淹れてもらった珈琲はすっきりとした味でこちらも美味しかった…!

個人的な意見ですが、鹿児島は珈琲が美味しいです。すっきりとした飲みやすい味が多いのも素敵。
唯一の難点は、気温が高い地域のためかHOTよりもICEが充実している点でしょうか。冷え性なんで暖かい飲み物がいいんですよね。たとえ真夏日だろうとホットドリンクが飲みたい人間です。

 

暖かい珈琲と美味しいパンに癒されたところで、今回のお宝探しは終了としました。久々の骨董市を満喫できて大満足。
また開催されるならぜひ行きたいなと思える、素敵なイベントでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です